スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『ソルト』(ネタバレしまくり)

T0008179p.jpg
ソルト
監督 フィリップ・ノイス
脚本 カート・ウィマー、ブライアン・ヘルゲランド
出演 アンジェリーナ・ジョリー、リーヴ・シュレイバー、キウェテル・イジョフォー、ダニエル・オルブリフスキー、アンドレ・ブラウアー
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
上映時間 100分

【あらすじ】
CIAエージェントのイヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)は、何者かの陰謀によってロシアスパイの嫌疑をかけられてしまう。
逃走を図ったソルトはCIAの追跡をかわしながら、自らの容疑を晴らすべく、たった独りで真相究明に乗り出すが……。
二重スパイの容疑をかけられたCIAエージェントをアンジェリーナ・ジョリーが熱演するアクション・サスペンス。
潔白を証明したいヒロインが、CIAの追跡をかわしながら真犯人を探し出すまでをスリリングに描く。
メガホンを取るのは、アンジェリーナとは『ボーン・コレクター』以来のコンビとなるフィリップ・ノイス。
共演は『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』のリーヴ・シュレイバー、『2012』のキウェテル・イジョフォー。
CIAに立ち向かう孤高のヒロイン、アンジェリーナのリアルなアクションに注目だ。(シネマトゥデイ


【予告編】


アンジー無双の『ソルト』をDVDで観ました。

ストーリーは

CIAで働くイヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)はロシアから亡命してきたオルグ・ワシリエヴィッチ・オルロフ(ダニエル・オルブリフスキー)の取り調べを行う。
彼が言うにはロシアでは秘密裏にスパイを育ててきた。
彼らはアメリカにアメリカ人として紛れ込み何年も何十年も作戦決行の日を待ち続けている。
その計画はアメリカの仕業に見せかけた訪米中のロシア大統領暗殺計画。
そして、その暗殺を行うスパイの名は“ソルト”だというのだ。
上司のテッド・ウィンター(リーヴ・シュレイバー)はソルトを擁護するも、この発言から今まで仲間だったウィリアム・ピーボディ(キウェテル・イジョフォー)らCIAから疑いの目を向けられる。
このままではスパイにされてしまい、夫(アウグスト・ディール)の身が危ないと感じたソルトはCIAを抜け出し夫のもとへ。
さらにオルロフもCIAから逃走していた。
同僚であるCIAから追われる身となったソルトは、金髪を黒髪に染め変装して逃亡する。

しかし翌日、ソルトはアメリカ副大統領の葬儀が行われている会場に姿を現しロシア大統領を暗殺するが、あっさりCIAの同僚に捕えられ、警察に連行される。
ソルトをとらえたピーボディは撃つチャンスがあったのになぜ撃たなかったのか疑問を抱いていたが、一方で連行中のソルトはパトカーから逃走する。
逃走したソルトはオルロフと同じくロシアから送り込まれていたスパイたちと合流する。
そこにはソルトの夫が捕らえられており、ソルトの目の前で殺される。
一旦はオルロフたちの仲間のふりをしていたソルトはそこにいた全員を殺害する。

数日後、ホワイトハウス内部にソルトは変装して潜入していた。
ホワイトハウスの地下へ大統領を誘導すると、ウィンターがそこにいる全員を銃撃。
大統領を利用して核を発射させようとする。
ウィンターはCIAではソルトの上司だったが、ロシアのスパイの先輩でもあったのだ!
そこにソルトが到着し、ウィンターから次の目的は核をメッカに落としてイスラム教徒の敵意をアメリカにむけるというものだった。
しかし、ここで殺されたはずのロシア大統領が実はクモの毒で仮死状態になってただけってことが判明し、ウィンターはソルトの裏切りに気付くも、ソルトに核の発射を阻まれる。
ソルトは手錠され連行されるが、その途中でウィンターを殺害する。
そして輸送中のヘリの中でピーボディに自分はロシアのスパイだったが今はあいつらの敵であることを伝え、彼の協力をえてヘリからダイブ!

おしまい。


観てる間気になるのはソルトがスパイなのか罠なのかってところだと思うのですが、ソルトはロシアから送り込まれたスパイではあるものの、北朝鮮に潜入して捕虜になったときのエピソードをきっかけに夫を本当に好きになってしまった。
なのでロシア大統領暗殺は夫がオルロフに捕らえられているから、彼を助けるためにクモの毒で殺した風にみせた。
ちなみになぜクモの毒かとゆーと、この夫がクモの研究者かなんかだからです。
で、オルロフたちと合流するもそこで夫が殺されてしまうので、そこからはロシアのスパイたちと敵対し計画を阻止しようとする。
まぁこんな流れではないですかね。

ぶっちゃけまず冒頭の取調室のやり取りを思いついて、後半は後からつけたした!ってぐらいに脚本はぐだぐだです。
ソルトがなんであんなに夫にほれたのかもよくわかんないですし。
そもそもアンジェリーナ・ジョリーがそんなに好きじゃない、叶恭子にしか見えないってこともあったりでさほど面白くはなかったです。
アクションシーンはウィンターを手錠を使って殺すところと、トレーラーからトレーラーにダイブするところとかで「おぉ!」ってなったけど、手錠の方はアンジーの体勢がわらえてきて、トレーラーの方は運転手かわいそうに…とかおもっちゃった。


そんなこんなで50点。
CIAから逃げる時にアンジーがスーツ姿でうろうろしてるときに、かがんだときにスカートから見える脚と走った時に揺れる胸に一番「おおぉ!」ってなったのは秘密です。
後半はピタッとした服を着てるので揺れるもんも揺れません。




スポンサーサイト
フリーエリア
XBOX360実績
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
315位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
144位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
記事ランキング
フリーエリア
ブログパーツ
フリーエリア
フリーエリア
彼女と出会う方法
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。