スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画『ウイニングチケット(4)』(ネタバレしまくり)

4_cl.jpg
ウイニング・チケット(4) (ヤングマガジンコミックス)
漫画 小松 大幹
原作 河村 清明
出版社 集英社
掲載誌 週刊ヤングマガジン
レーベル ヤングマガジンコミックス

【あらすじ】
ミカヅキオーのデビューにメドが立ち、日本ダービーを目指すと決意した二階堂達。
調教師は、成績最下位ながらも実力派の団に決定した。
ところが、デビュー前に大きな問題が起こる。
日本ダービーを目指すなら3月に南関東でデビューしなければ間に合わないが、団厩舎は道営所属。
道営に所属する馬は絶対に南関東でデビューできず、前例もない。
ミカヅキオー、南関東デビューなるか!?


『ウイニングチケット』4巻を読んだので、内容を忘れないようにメモ。



鍛錬の真価を
試す時―――
勝利への執念を
馬場にぶつけろ!

第33話 5年ぶりの対面
第34話 前例
第35話 初輸送
第36話 デビュー戦
第37話 絶対値
第38話 再発
第39話 半信半疑
第40話 おかしな二人
第41話 なるか2連勝
第42話 爆弾
第43話 なくなった蹄鉄



二階堂に頼まれた団は5年ぶりに稲村のもとを訪れる。
そこでミカヅキオーを南関東でデビューできるようにしてくれないかと頼み込む。
かつての弟子に土下座までされた稲村は地方競馬全国協会・NARへと乗り込む。
長時間に及ぶ審議の結果、ミカヅキオーの南関東でのデビューがみとめられる。
そして稲村は馬主・所属する競走馬をすべて団に引継ぎ引退を決意する。

南関東でのミカヅキオーデビューが決まり、具体的なローテーションが決定する。
2/24 デビュー戦 川崎競馬場
3/27 JRA指定校流競走 川崎競馬
4/29 青葉賞 東京競馬場
5/28 日本ダービー 東京競馬場

さっそく2/21門別もトレセンから川崎へとミカヅキオーが輸送される。
しかし、川崎に到着したミカヅキオーは体重が20kgもへり輸送熱だしていた。
二階堂・団の出走は取り消さない判断のもと、牧場長・一丸・渡辺のがんばりでなんとか熱は下がるものの14kg

減でデビュー戦を迎える。
川崎競馬場にはマクラーレングループの二人もミカヅキオーの走りを偵察に来ていた。
レースがはじまり、ミカヅキオーはスタートで出遅れ10馬身差以上をつけられる。
まわりにおびえ終始おちつかないミカヅキオーだったが、いざ最後の直線にむくと内から全馬をごぼう抜きし、ラ

ストは大差をつけて圧勝していた。
この結果にエドワードは日本ダービーでのライバルはこのミカヅキオーだと確信する。

ミカヅキオーを輸送し門別のトレセンへと連れ帰った団はそこでみんなから祝福をうける。
二階堂たちも初勝利に祝杯を挙げるも、帰りの輸送でミカヅキオーは再び体重を20kg減らし下痢になっていた。
この輸送の弱さを克服するために二階堂はミカヅキオーを常に輸送車に乗せてあちこち連れ回す荒療治に出る


ある日、二階堂は団をつれてミカヅキオーを乗せたまま病院へと向かう。
そこには二階堂の姉の娘・浅山ひかるが入院していた。
ひかるは腎臓が悪く医師からは移植をすすめられていた。
そのために二階堂は馬商時代から設けていたものの、手元にお金がなかったのだ。
ミカヅキオーの大ファンなひかるのためにも団は日本ダービー勝利を誓った。
そして、輸送車に乗せてつれまわしたおかげかミカヅキオーが輸送になれ、輸送されても下痢にはならなくなって

いた。
一方、皐月賞トライヤルにディーパッグの姿があった。
ディーパックはミカヅキオーの走りを見たエドワードの指示でこのレースをハイペースで逃げ2着。
日本ダービーにむけて客室に幅を持たせようとしたのだ。

3/24。
ミカヅキオーは再び川崎へと輸送されたが、特訓の成果が出て見事に輸送を克服していた。
レースもデビュー戦と同じ展開で最後の直線にインをついてごぼう抜きし、勝利を飾っていた。
しかし、このレースでミカヅキオーは左回りの時にインから離れることが出来ないという弱点が発覚する。
そしてこの弱点はこのレースを見ていたエドワードにも見破られていた。
日本ダービーが行われる東京競馬場も左回り。
二階堂たちは本番に向け、新たな壁にぶつかってしまう。


『ウイニングチケット』4巻です。
団調教師が二階堂たちの仲間、いや家族になる一方でデビューを迎えたミカヅキオーには試練だらけ。
南関東で出来るかどーか。
デビュー決まったと思ったら輸送に弱い。
レースでは能力的にはぶっちぎるも、精神的に弱い。
輸送難はなんとか克服するも、つぎは左回り×。
内ラチにそってなら走れるものの、この弱点はライバル・ディーバック陣営にばれてて、しかもディーバッグは弥

生賞をハイペースの逃げで2着になったこともあり、内ラチにそって逃げられたらどーにもならない。

しかしながら、ミカヅキオーは能力的にはピカイチなのでこのあたりさえ乗り切ればレースはなんとかなるみたい

です。
デビュー戦は最終コーナーを7~8馬身ひきはなされてても、直線300メートルだけで逆に7~8馬身突き放す

強さです。
ダートでもこの強さで、芝でもダービー狙えるとかどんだけ。
まぁミカヅキオーの能力がケタはずれだからこーゆー弱点とかハンデみたいなのをつけないと盛り上がらないん

でしょうけど。

とりあえずは、ダービーまでずっとこんな感じが続きそうです。







【これまでの感想】
『ウイニングチケット1』(ネタバレしまくり)
『ウイニングチケット2』(ネタバレしまくり)
『ウイニングチケット3』(ネタバレしまくり)
スポンサーサイト
フリーエリア
XBOX360実績
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
98位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
43位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
記事ランキング
フリーエリア
ブログパーツ
フリーエリア
フリーエリア
彼女と出会う方法
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。