スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『クローズZEROⅡ』(ネタバレしまくり)

images_20110425012840.jpeg
クローズZERO II
監督 三池崇史
脚本 武藤将吾
出演者 小栗旬、やべきょうすけ、黒木メイサ、桐谷健太、高橋努、伊崎右典(FLAME)、伊崎央登(FLAME)、鈴之助、遠藤要、上地雄輔、大東俊介、橋爪遼、小柳友、阿部亮平、大口兼悟、蕨野友也、綾野剛、三浦春馬、阿部進之介、金子ノブアキ、哀川翔、山口祥行、斎藤歩、松重豊、遠藤憲一、岸谷五朗、高岡蒼甫、山田孝之
音楽 大坪直樹
上映時間 133分

【あらすじ】
不良学生たちの巣窟・鈴蘭男子高校制覇を狙いリンダマン(深水元基)との頂上決戦に敗れた源治(小栗旬)は、まだ全校を統一できずにいた。
そんなとき、かつてし烈な抗争を繰り返していた鳳仙学園との停戦協定が破られてしまう。鳴海大我(金子ノブアキ)率いる鳳仙学園の猛者たちが攻勢をかけてくる中、鈴蘭高校はかつてない危機を迎える……。
高橋ヒロシ原作の大人気コミック「クローズ」を鬼才・三池崇史監督が実写映画化した、『クローズZERO』の続編。
学園の頂点を目指して覇権争いに明け暮れる鈴蘭男子高校のクローズたちと、原作にも登場する因縁のライバル校・鳳仙学園の猛者たちとの抗争が展開する。
小栗旬、山田孝之ら主要キャストが続投するほか、ロックバンドRIZEの金子ノブアキ、『恋空』の三浦春馬ら新たなクローズたちが参戦。
両校生徒総勢500名が激突する壮絶な乱闘シーンが見もの。(シネマトゥデイ)

【予告編】



山田孝之目当てで『クローズZERO』『クローズZEROⅡ』と観てみました。
『クローズZERO』は、暴力団・滝谷組の組長(岸谷五朗)のひとり息子・滝谷源治(小栗旬)が鈴蘭に転校してきてテッペンを目指すお話です。
鈴蘭では3年の芹沢多摩雄(山田孝之)率いる“芹沢軍団”が最大勢力で、それを脅かす2年の阪東ヒデト(渡辺大)率いる“阪東軍団”、さらに2年には最強の男“リンダマン”こと林田恵(深水元基)がいた。
源治は最大勢力のトップ芹沢多摩雄を倒そうと考えるも、腕っ節はあるが人づきあいが苦手なため人望がなく仲間がいなかった。
しかし、チンピラの片桐拳(やべきょうすけ)の力を借りて牧瀬隆史(高橋努)や伊崎瞬(高岡蒼甫)を味方につけ“G・P・S(ゲンジ・パーフェクト・制覇)”を結成し、“芹沢軍団”と激突するって流れです。

そして続編の『クローズZEROⅡ』は源治は“芹沢軍団”を倒したけどまだ鈴蘭のテッペンになれていない状態ですが、今回の敵は“殺しの軍団”と恐れられている鳳仙学園。
鈴蘭が黒の学ランに対して鳳仙は白。
そして、坊主!わかりやすい!!

山田孝之目当てで観たぼくとしては『クローズZERO』の方が山田孝之の出番が多くて良かったです。
山田孝之はすげーかっけー役者さんだと思うんですけど、出番が少ないのは脚本のせいだと思います。
『クローズZEROⅡ』では過去の因縁から鳳仙学園と激突するんですが、源治はまだ鈴蘭をまとめられていないので“G・P・S”しかついてこないんですよね。
だけど、最終的にはなんやかんやで“芹沢軍団”とか“阪東軍団”らと鳳仙学園に殴りこむんですよ。
仲間がいないけどなんやかんやで仲間を増やして敵と戦うって『クローズZERO』と構図が一緒なんですよね。
前回の山田孝之ポジションには鳳仙の鳴海大我(金子ノブアキ)がいるわけですから、そりゃ出番が減ってあたりまえなわけで。

しかし、山田孝之目当てとしては残念でしたが、そのショックを埋め合わせておつりがくる好演を魅せているのが鳴海大我役の金子ノブアキですよ!
鳳仙学園校内と思われるところで、上半身裸になってのぶつかり稽古。
あれはいったいなんなんでしょうか・・・?
この場面での「漢に生まれて良かったー」とか「漢のにおい」とか「漢だなぁ」とか台詞がいちいちホモくさい。
不良映画だと思って観てたらとんだホモ映画だったぜ!

その証拠に『クローズZERO』ではそこそこひどい扱いだったけどそれなりに役割のあったヒロイン・黒木メイサが、『クローズZEROⅡ』では完全に空気。
せっかくの出番もなんでか音で会話が聞こえなくて字幕ってゆー。
しかも、女側から迫られて小栗旬がキョドるってゆー。

漢に生まれて良かったー!!


そんなこんなで72点。
『クローズZEROⅡ』は校舎内での喧嘩シーンはもうちょっと頑張ってほしかったなーとか思ったりするけど、金子ノブアキがすごいので良し!


スポンサーサイト
フリーエリア
XBOX360実績
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
315位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
144位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
記事ランキング
フリーエリア
ブログパーツ
フリーエリア
フリーエリア
彼女と出会う方法
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。