スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険』(ネタバレしまくり)

127901437054016303848.jpg

映画 クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険
原作 臼井儀人
監督 本郷みつる
脚本 本郷みつる、原恵一
演出助手 水島努
動画 じゃんぐるじむ、Production I.G、I.G新潟、夢弦館
キャスト 矢島晶子、ならはしみき、藤原啓治、真柴摩利、林玉緒、鈴木みえ、佐藤智恵、大塚智子、高田由美、富沢美智恵、納谷六朗、渕崎ゆり子、保志総一朗、八奈見乗児、田中秀幸、大塚芳忠、古川登志夫、辻親八、深雪さなえ、玄田哲章、大滝進矢、塩沢兼人、茶風林、雛形あきこ
オープニング 「パカッポでGO!」
挿入歌 「変だ変だよ、ヘンダーランド」
エンディング 「SIX COLORS BOY」 雛形あきこ
キャッチコピー 『オラ、この勝負には絶対勝つぞ!!』。
上映時間 96分

【あらすじ】
闇に覆われたどこかの国。
ゴーマン王子がお姫様を救うため二人のオカマ魔女マカオとジョマに立ち向かったが、マカオとジョマの魔法によって、呪いをかけられてしまう――。
しんのすけ達は、ふたば幼稚園の遠足で群馬に出来た新しい遊園地「ヘンダーランド」に遊びに来た。
そこでひまわり組のみんなとはぐれたしんのすけは、サーカスのテントの中でトッペマ・マペットという不思議なねじ巻き人形と出会う。
実は、ヘンダーランドは異世界の魔法使いであるオカマ魔女・マカオとジョマが潜む城だった。
トッペマはしんのすけに願い事が叶えられる魔法のトランプを手渡し、マカオとジョマの地球征服計画を阻止するよう頼むが、マカオとジョマの部下チョキリーヌ・ベスタによって呪いをかけられ、夜しか現れることが出来なくなってしまった。
数日後、ス・ノーマン・パーと名乗る雪だるまの様な男が春日部市を訪れた。
程なくしてス・ノーマンは教育実習の先生としてふたば幼稚園に現れ子供たちの人気者となるが、しんのすけは偶然トイレでス・ノーマンと会った際に彼が魔法のトランプのことを知っているのを知り、危機感を覚える。
そしてス・ノーマンは野原家にまでやって来た。
しんのすけはス・ノーマンは悪者だと訴えるが、みさえもひろしもしんのすけの言葉を信じない。
深夜、とうとう本性を現したス・ノーマンはしんのすけから魔法のトランプを取り上げようとする。
だがその時、しんのすけがトッペマから教わっていた呪文「スゲーナスゴイデス」を唱えると、アクション仮面、カンタムロボ、ぶりぶりざえもんがトランプの中から現れた。
しんのすけは3人と力を合わせ、何とかス・ノーマンを追い払う。
翌日、野原家はス・ノーマンから渡された招待券を持ってヘンダーランドへ遊びに行くが、ス・ノーマンを怪しむしんのすけはまったく楽しめない。
帰宅のときになってやっとしんのすけは安心するが、ひろしとみさえはトイレに行った間にマカオたちに捕まり、人形とすりかえられてしまった。帰宅後、人形のひろしとみさえはしんのすけに襲いかかるが、そこにトッペマが現れ二人を撃退した。
一度は恐怖からトッペマの頼みを断ってしまったしんのすけだが、ひろしとみさえが囚われたと知って遂に決意を固め、二人を助け出すためにヘンダーランドへ向かう。
果たしてしんのすけは、ひろしとみさえを助け出し、マカオとジョマの地球征服の野望を阻止することができるのか。(Wikipedia)


クレヨンしんちゃん劇場版第4弾。
舞台は「東北自動車道館林インターチェンジから30分。または東武桐生線ヘンダーランド駅下車」すぐのヘンダーランド!(群馬県桐生市)

映画版のお約束としては、オカマさんは登場してます。
大ボスが「おカマ魔女」の、「カマオとジョマ」ですから( ´艸`)
さらにゲスト声優として雛形あきこが登場。
自己紹介しかしてないのになかなかの活躍をみせてくれます。
しかしながら、かすかべ防衛隊の活躍はまだです。
ふたば幼稚園の遠足としてヘンダーランドへ行くので、防衛隊のめんめんは登場してはいますが、防衛隊としての活躍はありません。
でも、チーターさんと風間君との絡みなど見せ場はある。

かすかべ防衛隊が登場しないのでテーマは今まで通り家族愛かと思いきや、今回はしんちゃんの成長がテーマです!
たぶん( ´・ω・)

ふたば幼稚園の遠足で訪れたヘンダーランド。
おねいさんを追いかけて一人はぐれたしんちゃんが非日常、ファンタジーの世界へと足を踏み入れます。
このあたりの演出は絶妙で、シーンが変わるたびに徐々に影の部分が増えていき、最終的には薄暗いテントの中へと・・・。
そこでお姫様の人形をみつけたり、クレイ・G・マッドから楽しいものを見せてあげると人形の踊りを見せられます。
しかし、踊りの中で動きを止めた人形。
しんちゃんが背中のネジを回すことで人形は意思を取り戻します。
彼女の名前はトッペマ・マペット。
トッペマはクレイ・G・マッドたちがおカマ魔女の手下で世界征服を企んでいる!としんちゃんに訴えます。
一方でクレイ・G・マッドは「こーゆーアトラクションなんだ」と誤魔化そうとします。
トッペマとクレイ・G・マッドから今まで通りの現実に戻るか、このままファンタジーの世界へ足を突っ込むかの選択を迫られるのです。
ここでしんちゃんはあっさりとファンタジー世界、トッペマのいうことを信じます。
なぜならかわいい女の子の人形だから!
そしてスゲーナスゴイデスのトランプでクレイ・G・マッドを石化させた二人の前に次に現れたのはチョキリーヌ・ベスタ!
セーラームーンや葛城ミサトそっくりの声でナイスバディのチョキリーヌ・ベスタはあっさりとしんちゃんろ籠絡します。
トッペマはチョキリーヌ・ベスタにやられ消えてしまい、「おもしろいでしょ?こういうアトラクションなのよ」の一言でしんちゃんを再び現実へ返します。
このあたりの流れはすごく良いですね!

現実に戻ったしんちゃんのところに夜しか動けなくなったトッペマがあらわれ、スゲーナスゴイデスのトランプを使い共にたたかってほしいと頼まれるが、「だって!…だって、オラ…怖いもん、弱虫だもん」と、断ります。
トッペマはスゲーナスゴイデスのトランプをおいて姿を消します。
今まではおかまいなしになんにでも突撃していたしんちゃんの弱い一面、まだ5歳児って現実が描かれています。

再び日常生活にもどったしんちゃんですが、今度はファンタジー側がほおっておいてはくれなかった。
ス・ノーマン・パーが刺客としてはなたれ、しんちゃんの平穏な現実に土足で踏み込んできます。
スゲーナスゴイデスのトランプで呼び出したアクション仮面・カンタムロボ・ぶりぶりざえもんの協力でなんとかス・ノーマン・パーを撃退するも、みさえとひろしが敵に捕らわれてしまいます。
二人を救出するべく、今まで目をそらしてきた敵に立ち向かうことを決意するしんちゃん。
トランプを早く出す練習をしたりして準備を整え、単身ヘンダーランドへ向かうしんちゃん・・・、泣ける(´;ω;`)ウッ

こっからも笑いあり涙ありで、おカマ魔女との戦いは魔法関係ないダンスとかばばぬきとかほのぼの感あるバトルシーン。
とゆーか、ここまでに書いたシーンが好きすぎて、ラストはまぁめでたしめでたしですよ!

そんなこんなで78点。
「家が壊れるかもしれないけど」強力なカンタムのパンチとか「火事になるかもしれないけど」強力なアクションビーム、「作戦たーいむ!」「認める!」などの掛け合いなどなど、ス・ノーマン・パーとのバトルはけっこう好き。


スポンサーサイト
フリーエリア
XBOX360実績
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
315位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
144位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
記事ランキング
フリーエリア
ブログパーツ
フリーエリア
フリーエリア
彼女と出会う方法
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。