スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『GANTZ』(ネタバレしまくり)

gantz_300.jpg
GANTZ
監督 佐藤信介
脚本 渡辺雄介
出演 二宮和也、松山ケンイチ、夏菜、吉高由里子、本郷奏多、白石隼也、伊藤歩、Merii、田口トモロヲ、山田孝之
音楽 川井憲次 「Sound of GANTZ」,「Sound of GANTZ PERFECT ANSWER」
原作 奥浩哉 『GANTZ』
上映時間 131分
キャッチコピー 「試されるのは、友情でも愛でもない、生存本能。残された最後のカリスマコミック、禁断の実写映画化。その絶望を、その恐怖を、打ち砕け。生きるために、守るために、殺せ。生きるために、戦え。守るために、戦え。なぜ、戦うのか-。逃れられない戦いの連鎖。」

【あらすじ】
まったく就職が決まらない大学生の玄野(二宮和也)と、彼の幼なじみで正義感の強い性格の加藤(松山ケンイチ)は、電車にひかれて命を落としてしまう。
しかし、黒い謎の球体“GANTZ”が彼らを呼び出し、“星人”と呼ばれる異形の敵との戦いを強いる。
加藤は争いを避けるが、玄野はサバイバルに身を投じることを決意する。
欧米でも高い人気を誇る奥浩哉の人気コミックを、前・後編の2部作で映像化したSFアクション超大作。
『硫黄島からの手紙』の二宮和也、『ノルウェイの森』の松山ケンイチが初共演に臨み、謎の球体“GANTZ”に召喚され、異形の“星人”と呼ばれる敵との戦いを強いられた、若者の苦悩と究極の選択を体現する。
監督は、『砂時計』の佐藤信介。
生と死がテーマの深遠なドラマや、肉体を駆使した活劇の数々に圧倒される。(シネマトゥデイ)

【予告編】



『塔の上のラプンツェル』と同じ日に見ました。
公開から時間がたってるし、レイトショーだしで今年3本目の貸し切りかなーと期待してたんですけど、予想を裏切って半分以上埋まってました。
小さいスクリーンに移されていたとはいえ、すごい人気です。
上映中もケータイをパカパカするマナーっぷりな人が多かったので、二宮和也・松山ケンイチ目当ての客が多かったのかもしれません。
そうだとすれば、制作側の狙いが当たったってことですね。

原作の『GANTZ』は連載を立ち読みしてる程度で、コミックは100円コーナーに並びだしたら集めようかなーぐらいの思い入れです。
今回の映画化のおかげで、しばらくすれば古本屋に溢れてくれそうです。
だもんで、ざっとしたストーリーの記憶しかなかったので、原作ではあーでこーでって感じることもなく、映画版として受け入れることができたと思います。

物語はこんな感じ。

就職活動中の大学生・玄野計(二宮和也)は、地下鉄のホームで幼馴染の加藤勝(松山ケンイチ)を見かける。
加藤は線路上に転落した酔っ払いを助けようし、手を貸した玄野と共に電車に轢かれてしまう。
死んだはずの次の瞬間、二人は見慣れぬマンションの一室にいた。
そこにはリビングの中央にはGANTZと呼ばれる謎の黒い球があり、同じように死んだはずの人々が集められていた。
そこからは出ることができず、GANTZは死んだはずの人々にミッションを与える。
そのミッションとは星人を殺すこと。
戦いの場へととばされた彼らは、何者かも分からないまま異形の星人と対決する。
やがて戦いを終え部屋に戻るとGANTZによる採点が行われる。
部屋に戻されるのは戦いに生き残った者。
どんな重傷をおっていても終了時点で生きていれば、傷が治った状態でもどされる。
星人を倒すことで得点を獲得し、“100てん”になるとこの世界からの記憶を消されて解放されるか、好きな人を生き返らせることができると知らされ、元の世界に一時的に戻される。
“100てん”を取るまで戦いは終わらない。
玄野は戦いに目覚め、GANTZから与えられた装備を使いこなそうと練習し生き抜くことを選択するが、加藤は戦いを否定する。
ネギ星人、田中星人と無事にクリアして迎えたおこりんぼう星人戦。
なんとかおこりんぼう星人をたおすが、時間がクリアされあらたに千手観音、大仏星人との戦いが始まる。
千手観音との戦いは熾烈を極め、加藤・岸本(夏菜)が命を落とす。
なんとか倒すことが出来き、部屋に戻った玄野は、“100てん”をとり彼らを復活させることを決意する。

役者さんたちの演技からいえば、とりあえず星人たちは満点。
特にネギ星人、田中星人は原作の雰囲気をよく表現できていたと思います。
あのネギ星人は「ネギとニラは雑草だからわざわざ食べなくてもいいんだお!」ってぼくの主張を裏付けしてくれました。
二宮和也と松山ケンイチは普通に良かったと思うけど、途中から松山ケンイチがなぜか藤井隆にしか見えなくなってきたり、夏菜が意外と好みじゃないことが判明して、興味が失せたりしましたけど、好きな役者さんの西役・本郷奏多が好演してたので満足です。
続編の『GANTZ PERFECT ANSWER』ではさらに好きな山田孝之が出てくるので楽しみです。
小島多恵役の吉高由里子は、ドラマとかでよくみかける(・・・そんな気がする)気が強いキャラのときは別に興味なかったんですけど、今回の文系キャラはすごくよかった!

337257_003.jpg


同じゼミとはいえ、しゃべったことないやつからあんたを主人公に漫画描いたから見てとかいわれたら、さすがにどんびきするとおもうけど、こんな吉高由里子ちゃんにいわれたらホイホイついていっても仕方ないよね!
ラストの線路に玄野が下りて、電車きて多恵ちゃんにひっぱりあげられての告白のシーンは、さっぱり意味わかんなかったですけど、こんな吉高由里子ちゃんに告白されたらどんな状況だろうとオッケーですよね!

こんな感じで、役者陣とストーリーはまぁいいとして、問題はバトルシーンですよね。
主人公たちはほぼ一撃で星人を撃ち殺せるXガンって武器をもってるのですが、全然撃たないんですよね。
初戦のネギ星人戦はまだ使い方とか威力が分からないから仕方ないかもしれないですけど、あんなに強い武器があって怖かったら普通撃ちまくると思うんですけどね。
だから基本、敵の周りを銃かまえてグルグルしてるか隠れてるだかってゆー・・・。
特に岸本とか基本、ふっとばされてるだけだったような・・・。
さらに千手観音戦では、原作ではちょー強かった千手観音戦を前にして“岸本と加藤”“玄野と加藤”と二回もお涙頂戴シーンがはさまれてたりして・・・。
しかも、千手観音は悟りをひらいちゃってるもんだからその間は何もしないで待っててくれるってゆー・・・。
“岸本と加藤”の間は玄野が、“玄野と加藤”の間は役に立たないけど生き残ってた二人が千手観音の相手をしてるって描写をはさむだけでいいのにねぇ・・・。

そんなこんなで45点ぐらい。
『GANTZ』の前に『岳』と『豆腐小僧』の予告編があったんですけど、ひどそうですね。
『岳』はぼくの好きな原作を日本映画お得意の改編してくれちゃってるみたいだし、『豆腐小僧』にいたっては「え?なにコレ?PSのゲーム?」って衝撃が・・・。
『豆腐小僧』ってなんか突然湧いて出てきた気がするんですけど、深キョン・・・( ´・ω・)


スポンサーサイト
フリーエリア
XBOX360実績
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
315位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
144位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
記事ランキング
フリーエリア
ブログパーツ
フリーエリア
フリーエリア
彼女と出会う方法
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。