スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『プライド』(ネタバレしまくり)

pic-02.jpg

プライド
監督 金子修介
脚本 高橋美幸、伊藤秀裕
プロデューサー 坂井洋一、伊藤秀裕
撮影 高間賢治
出演 ステファニー、満島ひかり、渡辺大、及川光博、キムラ緑子、五大路子、ジョン・カビラ、黒川智花、新山千春、高島礼子、由紀さおり、長門裕之
音楽 清水信之
主題歌 ステファニー『Pride?A Part of Me? feat.SRM』
原作 一条ゆかり『プライド』
上映時間 126分

【あらすじ】
名門の三田音大4年生の史緒(ステファニー)の住む豪邸に、ハウスクリーニングのアルバイトで、二流大学である千住音大3年生の萌(満島ひかり)が訪れる。
自分の部屋にグランドピアノがあるほど裕福な史緒は、萌に5万円のオペラのチケットを渡してオペラに出掛けるが、会場で格差を思い知った萌は思わず激しい嫉妬(しっと)を史緒にぶつけてしまう。
境遇も性格も正反対の音大生の女の子同士が、オペラ歌手の夢を目指し互いに切磋琢磨(せっさたくま)していく青春ストーリー。
オペラの世界を本格的に描いた一条ゆかりの同名マンガを基に、『DEATH NOTE デスノート』シリーズの金子修介監督が映像化。
美ぼうと才能に恵まれた史緒を5オクターブの声域を持つ歌手のステファニーが演じ、ライバルの萌を満島ひかりが演じる。
映画史上初めて使用の許可が降りた新国立劇場でのロケーションも見逃せない。(シネマトゥデイ)

【予告編】


一条ゆかりの『プライド』を映画化。
原作の漫画はなんじゃこりゃってなかなかのものでしたが、この映画版も負けてません。
しかし、映画版の方が同じク○でも笑えるところが多いのでましかも。
満島ひかり、高島礼子あたりの演技がうまいせいか、ステファニーの異次元の演技から目が離せません。

002.jpg

原作は14巻ぐらいまであるので、そこまでを1本の映画にするのはさすがに無理なので、史緒くんと萌が留学するところまででまとめています。

オペラ歌手を目指す音大生の緑川萌(満島ひかり)が、アルバイトで訪れた豪邸で、同じく音大でオペラを学ぶ麻見史緒(ステファニー)と出会う。
史緒に誘われて一緒にオペラを見に行くが、方やオペラ歌手の娘、方や貧しい母子家庭育ちの自分。
生まれながらにしての二人差を見せつけられ、激しい嫉妬を覚える。
しかし同じ日、史緒は父から破産を告げられる。
海外留学がつぶれ、夢への道を突然絶たれた史緒は、チャンスを掴むためオペラコンクールに出場。
同じコンクールに出場していた萌から出番直前にかけられた言葉に動揺し、優勝を奪われてしまう。
さらにひったくりにあい路頭に迷っているところを、同じ大学のピアノ科に通う池之端蘭丸(渡辺大)に助けられ、彼の母親が経営する銀座のクラブで歌手として働き始める。
一方、萌はコンクールを主催したレコード会社副社長の神野隆(及川光博)に恋心を抱き、彼に会うために彼が通うクラブでホステスとして働きはじめる。
それぞれ違った目的で同じクラブで働くことに。
しかし、神野は留学と援助を条件に史緒に結婚を申し込んでいた。
ある日、史緒が遅刻し代わりに萌がステージに立つと、その歌声は聴くものを魅了。
それを目にした史緒は自分の歌を磨くため、オペラを続けることを条件に神野と婚約する。
しかし、史緒と萌が客のリクエストでデュエットを行うと、息もピッタリな最高の歌声を披露する。
それを聴いた蘭丸はついに自分のディーヴァを見つけたと興奮し、なんとか二人を説得して3人でユニット“SRM”を結成し、ニューヨークの音楽プロデューサーが参加するコンサートに出場することに。
だが、史緒と神野の婚約を知った萌は、怒りに任せて彼女を殴り飛ばしてしまう。
コンサートには史緒と蘭丸二人で参加することになるが、SRMの出番になると客席で萌が歌い始める。
SRMは大成功をおさめ、史緒と萌はそれぞれ海外へ留学する。

こんな流れです。

ステファニーの異次元の演技の異次元の演技と書きましたが、無表情でただの棒読みなため演技してるのかさえ謎です。
これが世間知らずのお嬢様っぽいといえないこともないのですが、やはり怪演。
終盤からは演技よりも胸とアゴが気になって気になって・・・。

さらに序盤での父役ジョン・カビラとのシーンは抱腹絶倒。
父親役のジョン・カビラは土下座して史緒くんにあやまり、破産を告げるのですが、その土下座が速い。
普通土下座って土下座して頭を下げたままあやまってるところに相手から「そんな・・・もういいから頭をあげて!」みたいに言われてから土下座をやめるものだと思うのですが、ジョン・カビラは違います。
やおら椅子から立ち上がり、土下座し、即座に再び椅子に座りなおして話を再開。
この映画はもしかして・・・と疑い始める瞬間です。
とりあえずジョン・カビラはどげせんでも読むべきです。

一方の満島ひかりはといえば、演技は頑張っているのに演出で完全に足を引っ張られています。
笑いなしではみられないミッチーを巻き込んでの日本刀シーン。

003.jpg

クラブで初めて歌を披露するときの意味のわからない安っぽいCG。
途中からは完全に昼ドラを見せられている気分に。

まぁ歌のシーンがウリだから歌唱力重視でのキャストだから仕方がないと納得しようとしているところに、吹き替え丸出しのオーディションでのオペラシーン。
歌のシーンを吹き替えでやるならキャストは誰でもよかったんじゃ・・・。
とはいえ、オペラ歌手を目指す二人の物語なのにオペラ歌うのはここだけで、あとはずっとポップソング!
だからこのキャストなんだね!
ラストのSRMの歌のシーンもいきなりミュージカルみたいなノリになって完全においてけぼりだったりで、歌のシーンもほとんど微妙ってゆー・・・。

そんなこんなで30点ぐらい。
女装した蘭丸が完全に男だったりとツッコミどころはまだまだあります。
女装した蘭丸とステファニーの絡みを見てると、どんどんステファニーも女装してる人みたいに見てきたりして・・・。
続編をつくれそうな終わり方でしたけど、続編はたぶんないだろうなぁ・・・。


スポンサーサイト
フリーエリア
XBOX360実績
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
260位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
119位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
記事ランキング
フリーエリア
ブログパーツ
フリーエリア
フリーエリア
彼女と出会う方法
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。