スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『ボックス!』(ネタバレしまくり)

T0008368p.jpg

ボックス!
監督 李闘士男
製作 武田吉孝
脚本 鈴木謙一
出演者 市原隼人、高良健吾、谷村美月、清水美沙、宝生舞、山崎真実、香椎由宇、筧利夫、諏訪雅士
音楽 澤野弘之
主題歌 RIZE with 隼人 「LAUGH IT OUT」


【あらすじ】
高校のアマチュアボクシング部所属の体育科の鏑矢(市原隼人)は、ボクサーとして天性の素質を持っていた。
一方、彼とは幼なじみで進学科の秀才、木樽(高良健吾)は子どものころから腕力にはまったく自信がなかった。
だが、木樽は自分も鏑矢のように強くなりたいと願い、ボクシング部に入部して日々コツコツと努力を積み重ねていき……。
百田尚樹の同名の人気小説を『デトロイト・メタル・シティ』の李闘士男監督が映画化した青春映画。
高校のボクシング部を舞台に、まったくタイプの異なる青年二人がリングに青春を懸ける姿を鮮やかに映し出す。
『ROOKIES』シリーズの市原隼人が丸刈りで天才肌のボクサーを熱演。
そのライバルを『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の高良健吾が体当たりで演じている。
実力派の俳優たちが命懸けで挑む迫力のファイトシーンは必見。(シネマトゥデイ)

【予告編】



探偵ナイトスクープの放送作家・百田尚樹の小説が原作ってのを聞いていて気になってたのでDVDでみました。
原作が文庫版で上・下巻あるので、詰め込みすぎな仕上がりになってましたが、それよりも見てる間中あたまの中は???って感じで物語に集中できなかったです。

メインの市原隼人と高良健吾の演技は良かったのですが、この話っていつの時代なんですかね?
子供のころにピンクレディーのUFOがはやってたり、青影のだいじょうぶをやったり。
ピンクレディーはやってたのってうちの親が子供のころぐらいなんですけど。
ってか、そもそもこの二人がなんでこんなに仲がいいのかよくわからん。

006.jpg

腐女子が勘ぐるぐらいにカブちゃんがユウキをかわいがりすぎ。

他にも顧問の筧がなんにもしてないとか、試合中にいきなり数年後の話がはさまったりとか、カブちゃんがサウスポーになったらなんで急に強くなったのかとか。
一番残念なのは谷村美月の無駄死にです。
才能にうぬぼれてたカブちゃんがユウキにまけて、落ち込んで一度ボクシングをやめるのですが、再びボクシングをやりはじめる動機としても弱い無駄死に。
あと、栄養ドリンクに負けたときのグレっぷりが、これまた「いつの時代やねん」って感じで・・・。
しかもユウキに負けて「オレにはボクシングしかないんやー」って泣いてたカブちゃんが、ラストではあっさりボクシングやめてたり・・・。
あと亀田の不必要っぷりとか。

役者陣の演技とか普段の練習風景、ボクシングシーンとかはいい感じなのですが、他がいろいろと足を引っ張りすぎていて残念です。
特にカブちゃんとユウキ両方のライバル・稲村役の諏訪雅士ほ本物のボクサーとかで迫力ありすぎですよ。
サウスポーにしたぐらいであんなのに勝てるわけねー。

そんなこんなで50点ぐらい。
調べてみたら宝生舞の最後の出演作だそうですね。
マガスペで漫画の連載が始まってますが、こちらはじっくり描いてるので楽しめそうです。

スポンサーサイト
フリーエリア
XBOX360実績
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
62位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
記事ランキング
フリーエリア
ブログパーツ
フリーエリア
フリーエリア
彼女と出会う方法
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。