スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『あしたのジョー』(ネタバレしまくり)

asitanojoe_a.jpg
あしたのジョー
監督 曽利文彦
脚本 篠崎絵里子
出演者 山下智久、伊勢谷友介、香里奈、香川照之、勝矢、倍賞美津子、津川雅彦
音楽 高橋哲也
主題歌 宇多田ヒカル「Show Me Love (Not A Dream)」
上映時間 131分

【あらすじ】
東京の下町で捨て鉢な生活を送る矢吹丈(山下智久)は、元ボクサーの丹下段平(香川照之)にボクサーとしてのセンスを見いだされるも、問題を起こして少年院へ入ることに。
丈はそこでプロボクサーの力石(伊勢谷友介)と運命の出会いを果たし、やがて少年院を出た彼らは良きライバルとしてボクサーとしての実力を磨いていく。
昭和40年代に社会現象を巻き起こし、戦後最大のヒット作に数えられるボクシング漫画「あしたのジョー」を実写映画化。
『ピンポン』でスポーツ漫画とCGの融合を評価された曽利文彦が監督を務め、主人公・矢吹丈が運命のライバル・力石徹と出会い、やがてリング上で雌雄を決するまでを最新CG技術も駆使して活写する。
ジョーを山下智久が演じるほか、力石徹を伊勢谷友介が熱演。(シネマトゥディより)

予告編



昭和40年代、東京の下町で殺伐とした生活を送る矢吹丈(山下智久)は、その天性の身のこなしから、元ボクサー・丹下段平(香川照之)にボクサーとしてのセンスを見出される。

336736_004.jpg


ところが、問題を起こしたジョーは少年院へ。
そこでジョーは、プロボクサー・力石徹(伊勢谷友介)と運命の出会いを果たし、少年院で財閥の令嬢・白木葉子(香里奈)主催で行われたボクシングの試合において圧倒的劣勢の中、丹下から教わったクロスカウンターでダブルノックダウンにもちこむ。

336736_005.jpg

これによりお互いをライバルだと認めた二人だったが、一足先に少年院を出た力石は、白木葉子の支援をうけ連戦連勝。
圧倒的な強さでエリート街道をひた走る。
一方のジョーは、橋の下のオンボロジムで段平と二人三脚の特訓し、ノーガードからのクロスカウンターで勝利を重ねていく。
やがて力石は世界タイトルに手が届くところまで上り詰めるが、世界戦の前にジョーとの決着を葉子に望む。
そしてジョーも、段平に力石戦実現を強く求めるのであった。
この試合を実現させたくない白木葉子はジョーに日本ランカーのウルフ金串との試合に勝利するという条件を付ける。
ウルフ金串をなんとか倒したジョーだったが、二人の間にはウエイトの壁が立ちふさがる。
しかし、力石の命を削るような減量の末に、なんとか実現にこぎつける。
そして、運命の日。
場所はボクシングの聖地・後楽園ホール。
ふたりは宿命のリングに上がる……。

336736_002.jpg


そんなわけで、「あしたのジョー」見てきました。
「英国王のスピーチ」が本命で、それまでの時間にすっぽりと入る時間でやってるのないかなーと探したところ、これがぴしゃっと。

まずはぼくの「あしたのジョー」へのスタンスから書けば、文庫版の原作を持ってて、一度はさらっと目を通しただけ。
アニメ版とかアニメの劇場版とか、昔の実写版とかは見たことなし。
漫画読んだ感想も特になく、愛着とかこだわりは一切なし。
ってか、そんなに興味が・・・

こんなぼくが見た感想は、まぁいいんじゃね?って感じ?

オープニングの紙飛行機CG&子役の演技に度肝を抜かれてすげー不安なはじまりでしたけど、とりあえず伊勢谷の力石はすごかった。
鍛え上げたからだもすごいし、ラストの試合前の計量シーンの肉体はこれだけでも見る価値があるかと。
山ピーのジョーもちゃんと体鍛えてて良かったけど、表情がいまいち感情があんまり出てなくて不満だけど合格。
初めて見た時はネタかと思った香川照之の丹下段平も見てるうちに違和感なくなって、ボクシング好きなだけあってこちらもいい動きしてました。
問題は香里奈の白木葉子がすげーびみょー。
でもこれは香里奈が悪いってわけではなく、脚本のせいかなーって気も。

白木葉子がドヤ街出身で、そのトラウマからドヤ街を再開発しようとして、それをとめにはいったジョーがウルフ金串と試合するんですけど、ここの流れはよくわかんない。
そもそも白木葉子のドヤ街でのトラウマもよくわかんねーから、ここから派生するジョーと白木葉子とか力石と白木葉子、はたまたジョーと力石との関係がいまいち盛り上がらない。
ここをジョーと丹下のはい上がりを軸にすればよかったんじゃねーのーとか思うけど、どうかしらん。

あと個人的にマンモス西、満点。
ジョーと丹下の底辺からのはい上がりを軸にすれば西の試合も1試合ぐらいはできたのではないかね!!

でもまー、今の日本の映画界ならジョーと葉子がチュッチュするようなストーリーにかえててもおかしくないので、それよりはいい。

肝心のボクシングの試合の方ですけど、役者陣の肉体はすごいのにスローモーション多用しすぎでいらいらした。
ラストは伊勢谷と山ピーがうちわって、そのまわりをカメラがグルグルしたりかっこいいんだけど、盛り上がってくるとスローモーションになってまたかよーって冷めるんですよねー。
クロスカウンターのシーンとかもひどいし。
そもそも試合中に、相手の必殺技がこうきたらこうとか、なんていえばいいのか漫画のはじめの一歩的なこーなったからこーきてこーなって勝ったみたいのがなくて、ただただクロスカウンター!だからあんまり爽快感がねぇ。

他にも倍賞美津子はなんだったのかとか、ドヤ街の人たちも微妙だったりとか、力石戦後から終わるまでが長ぇとかいろいろ不満はあるけど、全体的には55点ぐらい。
役者陣はがんばってた。


スポンサーサイト
フリーエリア
XBOX360実績
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
231位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
112位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
記事ランキング
フリーエリア
ブログパーツ
フリーエリア
フリーエリア
彼女と出会う方法
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。