スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『ベイマックス』(ネタバレしまくり)

ベイマックス
『ベイマックス』(原題『Big Hero 6』)
監督 ドン・ホール、 クリス・ウィリアムズ
脚本 ジョーダン・ロバーツ、 ドン・ホール
原作 スティーブン・T・シーグル、 ダンカン・ルーロー『ビッグ・ヒーロー6』
製作 ロイ・コンリ
製作総指揮 ジョン・ラセター
出演者 スコット・アツィット、ライアン・ポッター 、ダニエル・ヘニー 、T・J・ミラー 、ジェイミー・チャン 、デイモン・ウェイアンズ・Jr.、ジェネシス・ロドリゲス、ジェームズ・クロムウェル、アラン・テュディック、マーヤ・ルドルフ
川島得愛、本城雄太郎、小泉孝太郎、新田英人、浅野真澄、武田幸史、山根舞、金田明夫、森田順平、菅野美穂
音楽 ヘンリー・ジャックマン

【あらすじ】
西洋と東洋の文化がマッチし、最先端技術分野の先駆者たちが数多く住んでいるサンフランソウキョウ。
そこに暮らしている14歳の天才児ヒロは、たった一人の肉親であった兄のタダシを亡くしてしまう。
深い悲しみに沈む彼だったが、その前にタダシが開発した風船のように膨らむ柔らかくて白い体のロボット、ベイマックスが現れる。
苦しんでいる人々を回復させるためのケアロボット・ベイマックスの優しさに触れて生気がよみがえってきたヒロは、タダシの死に不審なものを感じて真相を追い求めようと動き出す。
マーベルコミックスのヒット作「BIG HERO 6」を基に、ディズニーが放つアドベンチャー。
架空の都市サンフランソウキョウを舞台に、並外れた頭脳を持つ少年ヒロが、生前に兄が開発したロボットのベイマックスと一緒に死の真相を暴こうとする。
メガホンを取るのは、『くまのプーさん』のドン・ホールと『ボルト』のクリス・ウィリアムズ。
随所にちりばめられた日本のカルチャーへのオマージュに加えて、白くて大きな体を持つベイマックスの愛らしさにも注目。

【予告編】



そんなわけで、ベイマックス観てきました。
この直前に、仕事帰りにレイトショーでゴーン・ガールを観たのですが、週末の妖怪ウォッチを見るために並んでいる人たちのせいで、10分前に到着したのに予告編+開始5分ほどを見逃すという痛恨の出来事があったので、1時間前に到着したのに妖怪ウォッチ行列でギリギリになったりしました。
うちの近所のシネコンはバカなんですかね。

今回は予告編を見たレベルの事前知識で、ジョン・ラセターがかかわってるからたぶん大丈夫じゃね?ぐらいの感覚で観に行ったので、ラストの展開に驚きを禁じ得なかったです。
日米で広告の仕方が違いすぎるとかの話があるってことは知ってましたけど、まさかアメコミ原作とは…。

ちなみに、同時上映の短編は動物飼ってる人が見るとすごくイライラするしあがりでした。
あんなことしたらダメでしょうが。

以下、ネタバレ。



幼くして両親を亡くしたヒロは、叔母のキャスと兄のタダシから愛情を注がれているが、非合法のロボット・ファイトに興じ補導されたり、天才的な頭脳を持て余してた。
そんなヒロを見かねたタダシは、自分が通う大学へ連れていく。
そこでタダシの仲間(ハニーレモン、ゴーゴー、フレッド、ワサビ)やロバートキャラハン教授に出会い、刺激をうけ同じ大学に行きたいと思う。
そのためには研究発表会でロバートキャラハンを納得させるものを示さなければならない。
タダシ達の協力を得てヒロはマイクロボットを発明し、そのパフォーマンスはロバートキャラハン教授をうならせ、入学を許可される。
ヒロの発表を見たクレイテックの社長アリステア・クレイはその才能を高く評価し、マイクロボットの売却を持ち掛けるが、ロバートキャラハン教授からの「こいつは金にしか興味がない男だ」的な人物紹介をうけ、ヒロは断る。
そして、その発表後、会場で火事がおきてしまう。
取り残された教授を助けにタダシが燃える建物へと飛び込んだ直後、建物が爆発し、教授とタダシは爆発に巻き込まれてしまう。

最愛の兄を亡くしたヒロは、大学が始まったが何もやる気がおきず、無気力な日々を過ごしていた。
叔母やハニーレモンたちからの励ましも、彼の心には届かない。
そんなある日、手元に1つだけ残っていたマイクロボットが反応を示す。
そのマイクロボットの行き先を、たまたま起動していたベイマックスが追いかけ始め、ヒロも一緒に追いかけることに。
たどり着いた工場では、大量のマイクロボットが製造されていた。
目撃してしまったヒトとベイマックスは謎の仮面男に襲われ、命からがら逃げ延びる。

このことから兄の死は、何者かが火事にみせかけマイクロボットを奪おうとしたのに巻き込まれたのではないかと考え調査を始める。
強化パーツやファイテングディスクで強化したベイマックスと共に謎の仮面男の下に向かうが、たまたま出くわせたハニーレモンたちともども謎の仮面男に追いかけまわされる。
なんとか逃げ延びた5人+ベイマックスは、ヒロの発明品を手に「Big Hero 6」となるのであった!

ベイマックス 画像5


孤島の研究施設に潜入した「Big Hero 6」は、そこで過去にアリステア・クレイ主導でワープ装置の実験事故があったことを知る。
そして襲撃してきた謎の仮面男を返り討ちにするが、仮面男の正体はなんとロバートキャラハン教授だった。
マイクロボットを盗むために火事をおこし、迫りくる炎からマイクロボットで身を守り、教授は生き延びていた。
その事実を知ったヒロは、教授を助けに行き命を落としたタダシを、教授が見殺しにしたと逆上し、ベイマックスからケアディスクを抜き取り戦闘ベイマックスに教授を襲わせるがハニーレモンたちに邪魔され、教授には逃げられてしまう。
故障したベイマックスを修理していると、ヒロはタダシがベイマックスに込めた思いを知る。
ヒロはその思いを受け継ぎ、「Big Hero 6」は教授の暴走をとめるため再び立ち上がる。

教授はアリステア・クレイとともにワープ装置の研究にかかわっていた。
しかし、その実験中の事故のより娘がワープしたままどこかへ消えてしまう。
事故はアリステア・クレイのせいだ!と怒りに目覚めた教授は、そのワープ装置を使い、アリステア・クレイのすべてをワープ装置で吸い込もうとする。
教授の凶行は「Big Hero 6」により食い止められる。
しかし、ベイマックスがワープ装置の先に生命反応は感知し、ヒロと二人救助にむかう。
無事、教授の娘を救助することに成功するが、ベイマックスはワープ先の別の世界へと取り残されてしまう。
ベイマックスを失い、悲しみうちひしがれるヒロだったが、ベイマックスのケアディスクが手元に残っていることに気づき、ベイマックスは復活する。
そして、大学に通うようになりめでたしめでたしと思いきや、「Big Hero 6」の活躍はまだまだ続くのであった!

エンドロール後に、スーパーヒーローオタクのフレデリックの親が実は…みたいなおまけがあります。


予告編から兄を亡くした弟をベイマックスが癒す、ハートウォーミングな内容だと思っていたのですが、まさかのヒーローものだった。
最後のサンフランソウキョウの平和は俺たちが守る!的な終わりには普通に驚いた。
ベイマックスをケアロボットとして進化・普及させて終わりかと思っていたので。

ヒーローアクションものへとうつるまでは、とにかくベイマックスがかわいいです。
ロボ的な動きとか、ポニポニ感とか。

o03200320index_iapp.jpg

グータッチや「ベイマックス、大丈夫だよ、と言うまであなたの側を離れません」などが、終盤で回収されてよかった。
「Big Hero 6」結成のあたりは、アイアインマンみたいに装備をDIYしていくので、否応なしにあがります。
が、「あれー思ってたのとかけ離れていくー」と置いてけぼり感もすごかった。
ラストのあたりは、マイクロボットは火事の爆発も余裕だったのに火がきかないのになぜ火の武器を?とか、見方をかえれば!ってそれぐらい最初からおもいつけよとか、いつディスクぬいたんすか?とかなんやかんや言いたいことはあるんですけど、ちょっとウルってきてたので良しとする。
おばさんはすごくいい人なので、猫ともども最後にもうちょいなんか欲しかったなー。
あの猫、かわいいなー。

そんなこんなで、88点ぐらい。
ベイマックスのフワプニ感を再現したぬいぐるみが欲しい。
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
フリーエリア
XBOX360実績
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
260位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
119位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
記事ランキング
フリーエリア
ブログパーツ
フリーエリア
フリーエリア
彼女と出会う方法
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。