スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『ファンタスティック Mr.FOX』(ネタバレしまくり)

フォックス3p
ファンタスティックMr.FOX
監督 ウェス・アンダーソン
脚本 ノア・バームバック、ウェス・アンダーソン
吹替 ジョージ・クルーニー、メリル・ストリープ、ジェイソン・シュワルツマン、エリック・アンダーソン、ウォーリー・ウォロダースキー、ビル・マーレイ、ウィレム・デフォー、オーウェン・ウィルソン、マイケル・ガンボン、ロビン・ハールストン、ヒューゴ・ギネス、ヘレン・マックロリー、ジャーヴィス・コッカー
音楽 アレクサンドル・デプラ
上映時間 104分
原作 ロアルド・ダール『父さんギツネバンザイ』

【あらすじ】
妻ギツネの妊娠を機に泥棒稼業から足を洗ったMr.FOX。
親子3人、穴ぐらでの安定した生活から丘の上の大木の家に引っ越したことから、Mr.FOXは近所に住む農場主3人の家に盗みに入ることを思いつく。
しかし、大事な家畜や食べ物を盗まれた農場主たちはキツネを追い込むことに。
Mr.FOX一家と仲間たちは結束し、穴を掘って逃げようとするが……。
『チャーリーとチョコレート工場』などの原作者として知られるロアルド・ダールの児童文学を、『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』のウェス・アンダーソン監督がストップモーション・アニメで映画化。
泥棒の父さんギツネ率いる動物たちと人間との攻防を通して、自分らしく生きることの大切さをユニークに描き出す。
ジョージ・クルーニーやメリル・ストリープなど豪華な俳優陣が人形の声を担当。
パペットたちのアクロバティックなアクションにとぼけたユーモア、こだわりの美術や音楽に彩られ、子どもだけではなく大人も楽しめる一作。(シネマトゥデイ)

【予告編】










評判が凄くいいので楽しみにしていた『ファンタスティック Mr.FOX』のDVDを借りて観ましたー。
すごくかわいらしい映画でした。

凄腕の泥棒だったMr.FOX(ジョージ・クルーニー)はMrs.Fox(メリル・ストリープ)の妊娠を機に泥棒家業を引退。
新聞記者となり息子のアッシュ(ジェイソン・シュワルツマン)と家族3人で穴ぐら暮らしをしていた。
しかし貧乏で退屈な穴ぐら生活に飽き、丘の上の大木の家を購入。
その家のすぐ近くにはビーンとボギスとバンスという3人の性格の悪い人間が経営する農場があり、我慢しきれなくなったMr.FOXはオポッサムのカイリー(ウォーリー・ウォロダースキー)を相棒に夜な夜な盗みに入る。
華麗な手口で盗みを続けるMr.FOXだったが、ビーンとボギスとバンスから逆襲をうける。
住処を銃撃されMr.FOXはしっぽをうしない、穴を掘って地中に逃げ込むも、重機をつかって掘り起こされ追い詰められる。

Mr.FOX一家だけでなく周辺に住んでいた動物たちも被害にあい追い詰められるも、Mr.FOXは逆に手薄になったビーンとボギスとバンスの農場に地中から侵入し盗み出す。
大量の食糧を手に入れ勝利の美酒に酔いしれようとした瞬間、ビーンとボギスとバンスらがMr.FOXたちの住む地中の穴に大量のリンゴ酒を流し込み、下水へと追いやられる。

一方、息子のアッシュはいとこのクリストファソン(エリック・アンダーソン)と人間に奪われたMr.FOXの尻尾を取り返しに行くが、クリストファーが捕まってしまう。
クリストファソンを救出すべく動物たちは団結し、人間たちに立ち向かう。


こんな感じのお話で、ラストは見事にクリストファソンを救出し、ボロボロになったMr.FOXのしっぽも取り返すも下水暮らしをつづけていたが、スーパーに潜入することに成功して「パーティーだぜー」って状態でおしまい。

このMr.FOXが泥棒稼業を再開したことで起きる一連の流れと、息子のアッシュの成長の流れがあって、最終的にはこの2つが合流して着地するって感じです。
アッシュくんは父が偉大すぎて父みたいになりたいと思っているんだけど、運動もできないしチビだしとコンプレックスを感じていたところに、なんでもできちゃういとこのクリストファソンが現れて、ガールフレンドをとられちゃうし、父親も彼を褒めまくるし。
挙句の果てには泥棒の仲間にまでいれたりでどんどんいじけてしまいます。

アッシュとは反対に父親のMr.FOXはといえば、近所中の動物を巻き込んでおきながらMrs.Foxから「なんでまた泥棒したの?」と訊かれると「だって野生動物なんだもん」と、まぁそりゃそーだって気の抜ける返答をしたりと、結構お気楽。
相棒のカイリーも頭の処理が追いつかなくなるとフリーズしちゃうし。
すんごくかわいい。
さっぱりルールのわからん“バシットバット”とか、きつね時間とか、「えっ!?ちょ電流!!?」とかいちいちかわいい。
スーパーのラストも人間を騙しぬく野生動物感がありつつも、スーパーで食糧をゲットして喜んでる姿にどこか「このままでいいのか?」って不安感もあるいいラストだと思います。


そんなこんなで78点ぐらい。
『コララインとボタンの魔女』は同じストップモーションものだけど、動きが凄く滑らかでほとんどストップモーションっぽさはなかったけど、こっちはかなりザクザク動くのでストップモーション丸出しです。
でも、そのあたりもかわいさを強化してるところだと思います。
食事シーンとかすげー雑だけど、それがまたいい。


スポンサーサイト
フリーエリア
XBOX360実績
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
62位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
記事ランキング
フリーエリア
ブログパーツ
フリーエリア
フリーエリア
彼女と出会う方法
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。