スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『RED』(ネタバレしまくり)

T0009429p.jpg
RED/レッド
監督 ロベルト・シュヴェンケ
原作 ウォーレン・エリス カリー・ハムナー
脚本 ジョン・ホーバー エリック・ホーバー
出演者 ブルース・ウィリス モーガン・フリーマン ジョン・マルコヴィッチ ヘレン・ミレン
音楽 クリストフ・ベック

【あらすじ】

元CIAの腕利きスパイ、フランク(ブルース・ウィリス)は、心静かに引退後の日々を送っていたが、ある日突然何者かの襲撃を受ける。
調査の結果、背後にCIAが絡んでいることを割り出した彼はかつて苦楽を共にした仲間たちを招集。
フランクの元上司のジョー(モーガン・フリーマン)や、元イギリスの元MI6諜報部員のヴィクトリア(ヘレン・ミレン)ら引退した超一流のスパイたちが続々と集まる。(シネマトゥデイより)

予告編はこんな感じ。



フランク(ブルース・ウィリス)は、かつて腕利きのCIAエージェントだったが、今は引退、田舎町で一人穏やかに暮らしている。
そんな彼の唯一の楽しみは、役所に勤めるOLサラ(メアリー=ルイーズ・パーカー)と電話でおしゃべりをすることだった。
ある夜更け、フランクは家の中に3人の侵入者を察知。
最新銃火器で武装したコマンドを一人ずつ倒した彼は、さらに家の外から容赦ない銃弾を浴びせかけてきた敵もあっさり葬り去り、サラの家へと車を走らせた。
フランクは、自分はついさっき暗殺されかけ、政府監視下にあって電話も盗聴されていたので救いに来た、とサラに話すが彼女は信じない。
だが二人が言い争う中、アパート前に新たな暗殺者たちが現れる。
フランクはその目を逃れ、裏口から抜け出て嫌がるサラを車に押し込んだ。
モーテルのベッドにサラを縛りつけて、フランクはかつての上司、ジョー(モーガン・フリーマン)が住む老人介護施設を訪れる。
ジョーは80歳を過ぎ、末期の肝臓がんを患っていた。
CIAの知人に裏から手を廻したジョーは、フランクの襲撃者たちの指紋から身元を調べさせ、同じグループがつい最近NYタイムズ紙の女性記者を密殺した疑いがあることを知る。
一方、モーテルでは、若きCIAエージェントのクーパー(カール・アーバン)が、上司ウィルクス(レベッカ・ピジョン)の密命を受け、サラを連れ去ろうとしていた。
ちょうど戻ってきたフランクは、サラを奪い返し、銃撃戦とカーチェイスを繰り広げた末、その場から脱出する。
殺されたNYタイムズ記者の実家を訪ねた二人は、彼女が母親に宛てた一枚の絵はがきを見せられる。
フランクはそこに記された暗号を解き、コロンビア大学の膨大な蔵書の中の一冊から一枚のメモを発見。
それはフランク他9人の名が記された暗殺リストだった。
二人はリストに名前があったフランクのかつての同僚かつ宿敵、マーヴィン(ジョン・マルコヴィッチ)を訪ね,リストの名前の謎を解く。

338115_006.jpg

フランクとサラ、マーヴィンも加わりリストに名前が載っている人物に会いに行くが、CIAにばれ襲撃される。
そこからなんとか逃げ出すが新たな情報を得ることはできなかった。
フランクは新たな情報を得るべくCIAへの潜入を企てる。
そのためにかつての強敵イヴァン・シモノフ(ブライアン・コックス)に会いにロシア大使館を訪れる。
イヴァンの協力でフランクとサラはCIAへ潜入することに成功し、ヘンリー(アーネスト・ボーグナイン)から今回の事件に関する資料を入手する。
資料を入手したフランクはCIA本部にいたクーパーを襲撃し乱闘のすえに撃たれるが、ジョーの助けで脱出することに成功する。

RED-movie- (13)


フランクの治療をするためにかつての仲間ヴィクトリア(ヘレン・ミレン)の元を訪れる。

img_159890_18941626_2.jpeg

ヴィクトリアのおかげでフランクの治療に成功し、ビクトリアも仲間に加わり5人でヘンリーから得た情報にあった人物アレクサンダー・ダニング(リチャード・ドレイファス)のもとへ。

338115_004.jpg

そこで今回の事件の黒幕は次期アメリカ大統領候補で現副大統領ロバート・スタントン(ジュリアン・マクマホン)だと知る。

338115_002.jpg


しかし、その建物をCIAに襲撃され、ジョーがおとりになっている隙にを試みるが、サラが敵にさらわれ、ジョーは命をおとすも、シモノフの協力でなんとか脱出することに成功する。
フランクはサラを救出するために副大統領を人質にしようと、副大統領のパーティーを襲撃し、成功する。

338115_007.jpg


サラを交換するため副大統領をつれてフランクが約束の場所へ行くと、そこには今回の本当の黒幕の武器商人がいた。
しかし、クーパーの協力でサラの救出に成功。

338115_005.jpg


オチもついておしまい。

338115_003.jpg

ブルース・ウィリス 55歳
モーガン・フリーマン 73歳
ジョン・マルコヴィッチ 57歳
ヘレン・ミレン 65歳

この主要キャストで185歳です。
ブルース・ウィリスが一番若い。
そんなお年寄りが恋愛して、お年寄りが銃を撃ちまくって、お年寄りが若造ぶっ飛ばす映画です。

けっこうおもしろかったです!

タイトルのREDは「Retired Extremely Dangerous」(引退した超危険人物)って意味らしく、劇中では危険な年金受給者的な訳をされてた気がしますが、ブルース・ウィリスが年金貰って余生を過ごしてるってオープニングです。
しかも、年金課で担当のサラ・ロス(メアリー=ルイーズ・パーカー)と電話で会話するのが楽しみで、彼女が読んでる本のタイトルをメモして読んだりと、思いが募って会いに行こうと計画しています。

このあたりで確かに引退した超危険人物だなって感じはビンビンです。

ベテランばっかりなので演技はさすがにみんなうまくて、ジョン・マルコヴィッチとか台詞ないところでもなにかしらやってるので目が離せません。
特に彼の最大の見せ場のRPGとの対決シーンは爆笑してしまった。

意味がわからん!(・∀・)


ストーリーは意外性のかけらもないよくある話で、主人公たちは追い詰められていくのですが、だいたいずっとこんなノリなので特に緊迫感はないです。
イヴァン・シモノフ(ブライアン・コックス)との昔話&ネタバレ密談シーンは、二人の過去を知らないけどニヤニヤって感じで。

そんな感じで気楽に楽しめる映画だと思うので70点ぐらい。
モーガン・フリーマンが出番少なすぎで、本当に死んじゃってるっぽくて残念。
ラストのオチで復活させてもよかったのに。

グリーン・ホーネットと同じ日に見たので、キャメロン・ディアスのヒロインがイマイチだったからかメアリー=ルイーズ・パーカーはよかったと思う。
ずっと元TBS女子アナの小島慶子さんにしか見えなかったけど。
まわりのキャストのおかげで若く見えてたけど調べたら46歳だった・・・。



スポンサーサイト
フリーエリア
XBOX360実績
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
62位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
記事ランキング
フリーエリア
ブログパーツ
フリーエリア
フリーエリア
彼女と出会う方法
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。