スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『インシディアス』(ネタバレしまくり)

insidious_1_1b.jpg
インシディアス
監督 ジェームズ・ワン
脚本 リー・ワネル
音楽 ジョセフ・ビシャラ
出演 パトリック・ウィルソン、ローズ・バーン、リン・シェイ、 リー・ワネル、バーバラ・ハーシー、アンガス・サンプソン、タイ・シンプキンス
上映時間 103分

【あらすじ】
ジョシュ(パトリック・ウィルソン)と妻のルネ(ローズ・バーン)は、3人の子どもと一緒に新しい家に移り住む。
彼らは、多少老朽化してはいるものの、広い家で子育てと仕事に専念するはずだった。
だが、引っ越し直後から屋根裏で奇妙な物音が聞こえたり、勝手に物が移動したりする現象が起こり始め、一家は不安に陥る。
『ソウ』シリーズのジェームズ・ワン監督と、『パラノーマル・アクティビティ』シリーズのオーレン・ペリ監督が手を組んだホラームービー。
古い屋敷に引っ越して来たある家族が、その直後から起こり始める不可思議な現象に悩まされる恐怖に迫る。
善良な父親を熱演するのは、『リトル・チルドレン』のパトリック・ウィルソン。
その妻に、テレビドラマ「ダメージ」シリーズのローズ・バーンがあたる。
まるでパズルのピースを組み合わせていくように次第に明らかになる衝撃の真実に戦慄(せんりつ)する。(シネマトゥデイ)

【予告編】












映画の日に観に行ってきました。
怖い映画は基本的に観ないのですが、1000円だしなにか観ないともったいない&「パラノーマル・アクティビティ」にはDVDの稲川淳二のイメージしかなかったせいで、どーせ怖くないだろうからいっちゃえ!と観てきました。

夜の7時の回でしたが、客は10人もいなかったです。

話は、ルネ(ローズ・バーン)と夫のジョシュ(パトリック・ウィルソン)が、3人の子供たちと新居に引っ越してくるところからはじまります。
しかし、引っ越した翌日から物が勝手に動いたり、不審な音がしたり、スピーカーから不審な声が聞こえたりします。
不審に思い始めたころ、小学生の息子ダルトン(タイ・シンプキンス)が屋根裏部屋で梯子から落ちてしまいます。
幸い見た限りで怪我はなかったけれど、翌日から原因不明の昏睡状態に陥ってしまう。
2か月ほど入院して検査を続けたが原因は分からず、ダルトンは自宅で治療することに。
ダルトンの回復を待つ家族の前に、家では相変わらず怪奇現象が続き、よりひどくなっていた。
夜中に何者かが家の中を歩いていたり、ダルトンが眠るシーツに何者かの手形がついていたり。
ジョシュは仕事を理由に家に寄り付かなくなり、ルネは追い詰められジョシュに「引っ越しして!」と詰め寄る。

ルネのために再び引っ越しをするが、新居でもルネは何者かを目撃する。
原因を追究するべくジョシュの母親の古い知り合いの霊媒師エリーゼ(リン・シェイ)を呼ぶ。
エリーゼと助手のスペック(リー・ワネル)とヒゲ(アンガス・サンプソン)の調査の結果、原因は家ではなくダルトンにあると判明する。
ダルトンは幽体離脱しやすい体質で、いつものように幽体離脱していたら人が入り込んではいけない彼方に迷い込んでしまったのだ。
そして、悪魔に見つかり魂をとらえられてしまった。
魂と体のつながりが薄くなったらその体を乗っ取ろうと霊とか悪魔がダルトンの周りに群がっているのだった!
ジョシュはそんな話は嘘っぱちだ!と追い返すが、ダルトンの部屋にエリーゼたちの話を裏付ける絵が飾ってあることに気付き、エリーゼたちを信じることに。
エリーザはダルトンの魂との通信を試みるが、悪魔に見つかってしまい失敗。
このままではダルトンが危ないと最終手段としてジョシュに助けに行かせる作戦に出る。
ダルトンの体質はジョシュからの遺伝で、ジョシュは子供の頃に幽体離脱を繰り返し寄生者に狙われていたため、エリーゼがジョシュの記憶と幽体離脱癖を封印したのだった。

幽体離脱に成功したジョシュは彼方へと向いダルトンを救出しようとするが、そこは初めに引っ越した家だった。
悪魔のもとからダルトンを救出し、無事に生還したジョシュとダルトンだったが、エリーゼの目に映ったジョシュには…。

ざっとこんな感じです。
予告編とかCMとかの情報で、あの家がおかしいんだと思っていたらあっさりと引っ越してびっくりしました。
とゆーか、すげー怖かったです。
終盤はほとんど目をつぶってました。

前半は『パラノーマル・アクティビティ』ちっくですが、後半からはモンスターホラーみたいになってきます。
さらにそこにJホラーの表現が加わってやべーかったっす。
特に目新しいことや新しい発見はなく、ベタな感じなんですけどベタをしっかりやるとちゃんといいのができるよ!って感じです。

中盤にエリーゼたち除霊チームが出てきたあたりは手作り感あふれる装置を使ったりして『ポルターガイスト』とか『ゴーストバスターズ』っぽくてすこし笑えてほっとするんですけど、終盤は目をつぶりっぱなしとってゆー…。
でも、映画館の素晴らし音響設備のおかげで、「ぎゃーあいつきてるよー」と目をつぶっていても怖いってゆーね…。
エンドロール始まってから観客が一斉にしゃべりだしたので、「みんな早く安心したかったんだなぁ」としみじみしました。

オチは一応隠しましたけど、ベタな展開なので想像はつくかと思います。
でも、映画館での音響設備で観た方がいいですよ!!


そんなこんなで80点ぐらい。
これを観た後は、写真が嫌いになったり天井を見上げられなくなったりするかもね!
帰りにシートベルトの「ガタッ」って音に心底びくついたのは秘密です。
怖いのはもう観ない!


スポンサーサイト
フリーエリア
XBOX360実績
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
315位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
144位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
記事ランキング
フリーエリア
ブログパーツ
フリーエリア
フリーエリア
彼女と出会う方法
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。