スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『カーズ』(ネタバレしまくり)

cars_2_1b.jpg
カーズ
監督 ジョン・ラセター、ジョー・ランフト (共同監督)
脚本 ジョン・ラセター、ジョー・ランフト
キャスト オーウェン・ウィルソン(土田大)、ラリー・ザ・ケーブルガイ(山口智充)、ボニー・ハント(戸田恵子)、ポール・ニューマン(浦山迅)、トニー・シャルーブ(パンツェッタ・ジローラモ)、グイド・カローニ(デニーロ・デ・ジローラモ)、マイケル・ウォリス(池田勝)、リチャード・ペティ(岩崎ひろし)、マイケル・キートン(内田直哉)
音楽 ランディ・ニューマン
上映時間 116分

【あらすじ】
真っ赤でピカピカなボディがトレードマークのレース・カー“ライトニング・マックィーン”は、レースでチャンピオンを目指す人気者。
ある日ルート66号線沿いにある田舎町“ラジエイター・スプリングス”に立ち寄り、住民たちと触れ合ったことで、自分の人生には何かが失われていたことに気が付く。
『ファインディング・ニモ』や『Mr.インクレディブル』を手がけたジョン・ラセターが、6年ぶりに監督を務めたフル3Dによる感動物語。
“車たちの世界”を舞台に、いつも最速で走り続けていた主人公がふと立ち止まり、人生の意味とは何かをを見出していく。
『シャンハイ・ヌーン』のオーウェン・ウィルソンや、大御所のポール・ニューマンらが声を担当する。
3Dのリアルな質感とスピード感あふれる映像は必見。
ピクサーとディズニーがタッグを組む最後の作品としても話題を呼んでいる。(シネマトゥデイ)

【予告編】
探したけどなかったので、ここで観てね。
http://www.disney.co.jp/movies/cars/yokoku/index_y.html









『カーズ2』を観に行く前に復習がてら観てみました。
かれこれ3回目ぐらいです。

あらすじはすごくわかりやすい。
レーシング・スポーツの最高峰ピストン・カップに出場する若き天才レーサーライトニング・マックィーンは史上初の新人チャンピオンを狙っていた。
しかし、自分の才能に自信満々な彼は、他人の助けがなくても一人で勝てると自分勝手で、その性格のせいで仲間の信頼が得られず、ピット・クルーたちにも見放されてしまった。
さらにピット・クルーの指示を無視したせいで優勝目前でタイヤが破裂し、キングとチック・ヒックスに追いつかれ並んでゴール。
3台同着の結果により、一週間後にカリフォルニアで三台による同点決勝レースが行われることになる。

マックィーンはトレーラーでカリフォルニアへと向かうが、マックィーンが無理をさせたせいでマネージャーのマックが居眠り運転をしてしまい、マックィーンはハイウェイに落とされてしまう。
そして彼はルート66沿いの寂れた地図に載っていない田舎町ラジエーター・スプリングスに迷い込んでしまった。
スピード違反により保安官のシェリフに逮捕されたマックィーンは、町の道路を破壊したことで裁判にかけられる。
判事のドック・ハドソンはさっさと町からの追放しようとするが、女性弁護士兼ホテル・オーナーのサリーがマックィーンに荒れ果てた町の道路補修をさせることにする。
最初は早くレース場に戻ることばかり考えていたマックィーンだが、気のいい町の住民たちと一緒に過ごす内に、心が和らいでいくのに気づき始めた。レッカー車のメーターにいたずらにつきあわされているうちに初めての友情を感じ、町に活気を取り戻そうとするサリーには恋心を抱く。
さらにドックがピストン・カップで三回優勝している伝説のレーサーだと知って、マックィーンはこの町の仲間たちに強い絆を感じるようになった。
そして決勝の日。
彼は住民たちのサポートを得てレースに戻り、一週間前とはまるで違う余裕のある走りを見せ、ぶっちぎりでゴールを目指していた。
しかし、チック・ヒックスの乱暴な運転でキングがクラッシュしてしまう。
その姿にドックの姿を重ねてみたマックィーンはゴール直前で急ブレーキ。
キングを後ろから押してゴールさせる。
チック・ヒックスが優勝となったが、マックィーンとキングに歓声が降り注いだ。
めでたしめでたし。


速いやつが一番偉いレースの世界で調子に乗っていたマックィーンが、早さを追い求めた道路開発の結果さびれてしまったラジエーター・スプリングスに迷い込み、そこでの住人たちとのふれあいを通して、本当に大切なものに気付きます。
このあたりがよくできてますよねー。

昔は目的地に行くまでのドライブも楽しんでいたのに、今ではドライブはただの移動でしかなくて楽しむのは目的地に到着してから。
そのせいでいろんなものが見落とされ、忘れ去られていく。

ラストのレースシーンはラジエーター・スプリングスで仕込まれていた伏線が1つ1つ回収されていき、ゴールの場面で涙腺が決壊、メーターがヘリに乗るところで笑いなき。
擬人化した車の話ってだけで見逃すにはもったいないと思います。


そんなわけで84点ぐらい。
車に興味はないけど、カーズのトミカは欲しいかも。



スポンサーサイト
フリーエリア
XBOX360実績
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
260位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
119位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
記事ランキング
フリーエリア
ブログパーツ
フリーエリア
フリーエリア
彼女と出会う方法
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。