スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『ドロップ』(ネタバレしまくり)

123614228622116407530_drop-nw1.jpg
ドロップ
原作 品川ヒロシ『ドロップ』
監督 品川ヒロシ
脚本 品川ヒロシ
出演者 成宮寛貴、水嶋ヒロ、本仮屋ユイカ、上地雄輔、中越典子、波岡一喜、若月徹(若月)、綾部祐二(ピース) 、坂本雅仁(アホマイルド)、増田修一朗、住谷正樹(レイザーラモンHG)、遠藤憲一、哀川翔、藤本敏史(FUJIWARA)、宮川大輔、村上知子(森三中)、河本準一(次長課長)、坂井真紀、小林すすむ、大島蓉子、益岡徹、品川祐(品川庄司)、庄司智春(品川庄司)
音楽 沢田完
主題歌 湘南乃風「親友よ」
上映時間 122分

【あらすじ】
不良にあこがれる中学生・ヒロシ(成宮寛貴)は、退屈な日常に飽き足らず、不良のいる公立狛江北中学校に転校。
口だけは達者なヒロシは、アイドルみたいな顔をしているのに極悪非道なカリスマ不良・達也(水嶋ヒロ)と早速タイマンを張ることに。
結果、達也に気に入られ、彼が率いる不良グループとつるむことになる。
人気お笑いコンビ、品川庄司の品川ヒロシが自らの青春時代をベースにつづった同名小説を自ら監督、脚本を務めて映画化。
平凡な中学生だった主人公が不良の世界に飛び込み、けんかばかりのハードな日々を通して友情や愛情を知る。
監督の分身ともいうべき主人公・信濃川ヒロシを演じるのは成宮寛貴。ヒロシがあこがれるカリスマ不良・井口達也を水嶋ヒロが演じる。
直球の青春模様とアクション・マニアだという品川監督ならではのけんかシーンが見どころ。(シネマトゥデイ

【予告編】











品川庄司の品川祐監督・脚本の『ドロップ』をDVDで観ました。
『漫才ギャング』が公開されていたころに観たんですが、なんとなく感想を書く気にならなかったので今になった感じです。

ストーリーは

私立のお坊ちゃん学校に通っていたヒロシ(成宮寛貴)は不良に憧れて、公立の狛江北中学校に転校。
転校初日に狛江北中のカリスマ不良・達也(水嶋ヒロ)にぼっこぼこにされるが、根性やら気合いやらが気に入られて達也たちのグループと仲良くなる。

達也や森木(波岡一喜)、ワン公(若月徹)、ルパン(綾部祐二)らと楽しくわいわいしていたら達也の敵だった狛江西中学校のテル(坂本雅仁)とも仲良くなったり、達也の彼女のミユキ(本仮屋ユイカ)にときめいたり。
ある日、調布南中学校の赤城(増田修一朗)と加藤(住谷正樹)に襲われふるぼっこされるも、車で乗り込んでやりかえす。
そして、やりかえされやりかえしやりかえされやりかえしを繰り返しているうちに二人も仲間に。

ヒロシがミユキにふられたりなんやりしてるうちに、ヒロシとルパンは高校に進学するも初日で退学になり、姉・ユカ(中越典子)の恋人・ヒデ(上地雄輔)に誘われ、ヒデと同じところで大工として働くことになるが、仕事の初日に赤城と加藤がもといたグループからシメられると知り、仕事をほっぽりだして救出へ。
ぼっこぼこにされながらもなんとか救出するが、ヒデが作業中に高所から転落して死んでしまう。
達也とまたタイマンしたりなんやりして、家を出てどっかで一人暮らしすることにしたヒロシを見送っておしまい。


初監督作品ですが、かなりうまいと思います。
ケンカシーンも動きがあってよかったし、笑えるシーンもある。
序盤はところどころで漫画版の画が挟み込まれたりしてうまかったり。
良く出来てるとおもうけど、大っきらい。
そんな映画でした。

水嶋ヒロが「人ってそう簡単に死なないんだよ!!」って叫びながら鉄の棒で人の頭をフルスイングしてるんですが、そんなことしたら死ぬと思うよ?
血も出ないし。
近しい存在の上地が死んで、水嶋ヒロがこの考え改めるかと思いきや、変わらないし。

配達してくる次長課長の河本とか遠藤憲一と哀川翔のやりとりとかも普通におもしろいんですけど、話とまったく関係ないんですよね。
このおもしろさも河本とか遠藤憲一・哀川翔の力っていえなくもないですし。
遠藤憲一は本仮屋ユイカへのからみかたとかおかしすぎです。

会話の端々に下ネタとかガンダムとかドラゴンボールネタがちりばめられてるんですけど、これもなんか八方美人感とゆーか、そつのなさを感じてしまっていやー。

同じ不良映画でも『クローズZERO』みたいに不良ファンタジーの世界で「漢はステゴロ」みたいなほうが好きです。
『クローズZERO』だと今は不良やってても将来はこんな風になっちまうんだぜ?って存在のヤベキョウスケがいましたけど、それと比べると『ドロップ』はただ甘やかされているだけにしか見えなかったです。


そんなこんなで30点ぐらい。
本当は60点ぐらいだけど嫌いだからその半分。






ちなみに『クローズZERO II』の感想はこんな感じ


スポンサーサイト
フリーエリア
XBOX360実績
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
260位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
119位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
記事ランキング
フリーエリア
ブログパーツ
フリーエリア
フリーエリア
彼女と出会う方法
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。