スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『君に届け』(ネタバレしまくり)

T0008789p.jpg
『君に届け』
原作 椎名軽穂『君に届け』
監督 熊澤尚人
脚本 根津理香、熊澤尚人
出演者 多部未華子、三浦春馬
音楽 安川午朗
主題歌 flumpool『君に届け』
上映時間 128分

【あらすじ】
見た目が暗く周りから「貞子」と呼ばれる黒沼爽子(多部未華子)は、クラスになじめないでいた。
しかし、その外見とは裏腹にけなげで純粋な彼女に、誰からも好かれるクラスの中心的存在の風早翔太(三浦春馬)はひそかに好意を抱いていた。
風早の言葉を励みに、爽子は徐々にほかのクラスメートたちと打ち解けるようになっていく。
累計発行部数1100万部を突破し、テレビアニメシリーズも好評を博した人気コミックを実写映画化した学園青春ドラマ。
素直で純粋ながら見た目が暗いため孤立しがちな女子高生が、クラスの中心人物の優しさに触れることで徐々に変わっていく姿を描く。
主演は、『フィッシュストーリー』の多部未華子と『奈緒子』の三浦春馬。
監督は『おと・な・り』の熊澤尚人が務め、コミカルな要素と温かな感動が融合した原作の魅力を見事に映像化した。(シネマトゥデイ

【予告編】
予告編なかったのでこれでも。












映画版『君に届け』をDVDで観ました。
原作の『君に届け』はたしか十何巻かまではもっているのですが、別にそんな好きではないです。
2巻のトイレエピソードではいたく感動したのでですが、それ以降はとくに思い入れもなく、二人が付き合ったあたりで終わればいいのにまだ続いてるので、どーしたいんだろなーって感じです。
おそらく二人がくっつく巻をたまたま買い忘れていて、先に次の巻を読んだせいで「あれ?いつの間にかくっついてね?」と台無しな読み方をしたのが原因ってわけではないはずです。

アニメ版はたまたまタイミングとチャンネルが偶然あえばちょっと観たぐらいです。
読者がイメージする黒沼爽子の声を出すのは難しいと思うので、大変そうだな~って思ったような記憶があります。

んで、実写版黒沼爽子は多部ちゃんなわけですが、ダ・ヴィンチを愛読している身としては、以前にダ・ヴィンチで連載していた多部ちゃんは当然好きなわけですよ。
声もまぁがんばってるなーとは思いましたけど、なんであんなにスカート短いんですかね。

それはさておき、お話は


黒沼爽子(多部未華子)は、見た目が暗いだけで何もしていないのに周りから怖れられ、“貞子”というあだ名まで付けられ、霊力があるだの呪われるだのといった噂までを流れているいる。
しかし、見た目とは裏腹に善意のかたまりのようないい女の子なのであった。
周りに迷惑をかけないようにするあまりに周りから浮いてしまい友達もいなかった。

一方、爽子のクラスメイト風早翔太(三浦春馬)は、明るく誰からも好かれる人気者。
爽子に対しても皆と同じように接し、爽子は尊敬の念を抱いていた。
風早は爽子のみためにだまされることなく、人知れずクラスのために働いたり、陰でいいことをしていることを知っていて特別な感情を抱いていた。
そんな中、肝試しをきっかけに吉田千鶴(蓮佛美沙子)や矢野あやね(夏菜)と仲良くなる。そんな友人たちと楽しい時間を過ごしていた爽子だったが、自分といるとみんなの株が下がってしまうという話をきき、みんなから距離を置こうとする。
そんな爽子の様子に千鶴とあやねは戸惑い悩むが、自分の気持ちを爽子にぶつけようと決意する。
爽子もみんなと一緒にいたいという思いに気付き、自分の想いを伝えようとトイレで練習していると二人の悪口をいっている女子たちに出くわす。
爽子は二人への悪口をとりけせ!と女子たちに立ち向かう。
この状況を風早が千鶴とあやねに伝え、二人はトイレへ救出に向かい三人は仲直り。

またみんなと仲良しに戻れた爽子の前に風早を中学時代からねらっていた胡桃沢梅(桐谷美玲)があらわれる。
なんやかんや企むも龍の言葉と矢野ちゃんの活躍であっさり解決。
その後、風早から爽子が告白されるも頭が真っ白になってことわっちゃうけど、千鶴とか矢野ちゃんとかイチとかとにかくみんなのおかげで爽子も思いを告げることが出来ておしまい。


こんな感じ。

やはり原作同様に爽子・千鶴・矢野ちゃんの女子友情パートは感動的でした。
トイレシーンや神社での相談シーンとか。
でも、3人が抱き合う屋上らしき場所は危なすぎないですか?
手すりも柵もなんもないですけど。

個人的には千鶴役の蓮佛美沙子はすごくよかったです。
原作のイメージ通りで、この女優さんかわいいですね!
千鶴がよすぎたせいか矢野ちゃんはまぁまぁね。
エンドロールで夏菜って名前があって、『GANTZ』とどっちが先かなーとかおもったりもしましたけど、どっちもまぁまぁな演技ですな。

風早役の三浦春馬もよかったと思いますよ。
ずっとはにかんでるかんじで、さわやかーって感じで。
『クローズZEROⅡ』で漢の世界とは違って周りを女性に囲まれてましたなぁ。
まぁぶっちゃけ中高と男子校のぼくにはこっちよりも『クローズZEROⅡ』の漢世界の方が身近に感じられますけど。
問題は真田龍(青山ハル)ですよね。
ぶっきらぼうと大根は違いますよ?
出番そんなにないからいいですけど、活舌悪すぎ。

友情映画としてはいいんですけど、恋愛映画としては微妙です。
まぁ原作もそうなんでしょうがないんですけど。
すべては風早がひとめぼれなせいですよね。
爽子の方もとっくに好きなので、それにいつ気付くかってだけだし。


そんなかんじで62点ぐらい。
女子友情パートと蓮佛美沙子さんはいいですよー。
爽子の部屋のドアごしでオロオロする勝村政信もよかった。
スポンサーサイト
フリーエリア
XBOX360実績
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
98位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
43位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
記事ランキング
フリーエリア
ブログパーツ
フリーエリア
フリーエリア
彼女と出会う方法
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。