スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『さや侍』(ネタバレしまくり)

T0009787q.jpg
さや侍
監督・脚本 松本人志
脚本協力 高須光聖、板尾創路、江間浩司、倉本美津留
音楽 清水靖晃
出演 野見隆明、熊田聖亜、板尾創路、柄本時生、りょう、ROLLY、腹筋善之介、清水柊馬、竹原和生、伊武雅刀、 國村隼
うどん鼻すすり指導 ほっしゃん。

【あらすじ】
ある出来事により、侍として戦うことをやめ、刀を捨てた野見勘十郎(野見隆明)。
そんな父に対し、娘(熊田聖亜)は反発していた。
2人は、あてもなく旅をしていたのだが、無断で脱藩した勘十郎には懸賞金がかけられており、とうとう捕まってしまう。
しかし、奇人として世間では有名だった殿様から「30日の業」に成功したら、無罪にすると言われ……。
『大日本人』『しんぼる』と、独特の視点と感性で作品を世に送り出してきたダウンタウン松本人志監督の長編第3弾。
侍として戦っていくことをやめた男と、そんな父を軽べつする娘のきずなや葛藤(かっとう)を、独自の笑いと悲しみを交えて映し出す。
侍の男に、バラエティー番組「働くおっさん劇場」で人気を博していた野見隆明、その娘を『僕の初恋をキミに捧ぐ』の熊田聖亜が演じる。
時代劇らしからぬ特異な設定など、松本監督ならではの一筋縄ではいかない展開に注目したい。(シネマトゥデイ

【予告編】










『さや侍』観てきましたー。
劇場は半分ぐらい埋まってましたー。
ごっつええ感じど真ん中世代ってわけではないのですが、ダウンタウン特にまっちゃんは好きですが、『大日本人』『しんぼる』はまったくおもしろくなかったので、特に観たい!ってわけではなく、ただたんに前売り券に得点がついてたからそれ目当てで購入したからただ観てきただけです。
見た直後の素直な感想としては、クソつまんなかったです。

話は

伊香藩水位微調役・野見勘十郎(野見隆明)は妻の死を機に刀を捨て脱藩。
娘のたえ(熊田聖亜)と旅を続けていたが、野見には懸賞金がかけられているため、三味線のお竜(りょう)、二丁短銃のパキュン(ROLLY)、骨殺師ゴリゴリ(腹筋善之介)ら賞金稼ぎに狙われていたが、遂に多幸藩で捕らえられてしまう。
多幸藩の殿様(國村隼)が勘十郎に処したのは「三十日の業」。
「三十日の業」とは、母を失って以来、悲しみで笑わなくなった若君を、一日一芸で三十日の間に笑わせられたら無罪放免、できなければ切腹というものだった。
そして翌日から、侍にとって生き恥をさらすのに似た三十日間の試練が始まる。

お白州で殿様と若君、家老(伊武雅刀)らの前で芸を披露する野見だが、変顔や鼻からうどんすすり、腹踊りなどを見せるがどんずべり。
その様子を見かねた見張り番の倉之助(板尾創路)と平吉(柄本時生)は、勘十郎にネタをしこみはじめる。
本来二人で行う相撲を敢えて一人でやる天涯孤独の業、赤と黒の金魚を飲み込み、自在に腹の中から吐き戻す天衣無縫の業、多幸藩特産の大ダコと戦う生死をかけた天下分け目の業などなど。
しかし、一向に若君に笑う様子はない。
へそをまげていたたえも仲間に加わり、三十日の業を城の外でやってもらえるようになる。
大勢の見物客が詰めかけた浜辺で、大仕掛けの人間大筒に挑む野見の姿に観客は盛り上がるが若君は笑はない。
再びお白州に戻り、ここからは客をいれてネタ披露が続く。
野見のネタに連日大勢の客が押しかけもりあがるが、若君にはとどかない。
しかし、壁破りを披露したときに少しだけ変化が現れる。
今までにない若君の反応に殿様は野見に期待し始める。
そして、迎えた三十日目。
事前に若君は風車が好きで、あれを見るといつも笑顔になっていたという情報を入手し、巨大風車を息を吹きかけてまわしてみせるが、若君は笑わなかった。
家老は切腹を言い渡すが、殿様は切腹の直前までに笑わせることが出来れば釈放してやるという。
切腹当日、殿様は日傘で若君の顔を隠せと命じ、家老はそれでは笑ったか判断が出来ないと言うが、殿様はわしが笑ったといえば笑ったことになる!と言い張る。
これで切腹までに野見がなにか言いさえすれば助けてもらえる状況が整うが、野見は何も言わずに切腹する。
父の死に落ち込むたえの前に托鉢僧(竹原和生)があらわれ、父からの遺言を歌い上げる。
たえは野見の墓参りをし、そこに若君もやってくる。
すると、野見の幽霊が現れてネタを拾うし、若君は笑顔を取り戻す。

たしかこんな感じ。

冒頭で野見が賞金稼ぎにおそわれるんですが、背中をぶった切られても草塗ったらすぐになおるし、頭を銃で撃たれても走って逃げて、ダメージうけてる様子がほとんどなくて、ここだけでこれからの先行きへの不安とこの映画は死なない世界なの?どゆー世界なの?ってよくわからなくなります。
そしてつかまって「三十日の業」がはじまるんですけど、野見が自分で考えるのは最初の3日ぐらいで、それ以降は見張り番の板尾柄本息子が考えて、野見はいいなり。
で、途中から娘が加入してセットが大掛かりになりますけど、野見はまったく自分で考えません。
そのせいか、野見に感情移入が出来ません。
3人でネタを考えてる時の雰囲気は好きでした。
火カゴくぐりのところとかわらっちゃいました。
ここあたりまではネタが劇中ですべってる扱いだからいいんですけど、娘が加入してからは観客がくわわってしまい、映画内では盛り上がってるのに、観てる側はぽかーんって感じで温度差が出始め、壁破りあたりからは映画は泣き方向に移行し始めるのですが、あれのどこで感動すればいいのかさっぱりはからないので、このあたりではもう完全に興味がなかったです。
勝手にしてって感じで。

ラストはなにを言っても助かるって状況で、今まで逃げてきた野見が武士の誇りをたもって切腹する・・・みたいないい話風にもっていって、娘への突然ずぎるメッセージソングがはじまります。
たえから散々武士らしく切腹しろと言われても逃げ続けてたけど最後は誇りをもったまま・・・と観せようとしても観えないですよね。
娘はなんか言って助かれって叫んでるのに切腹しちゃうから、「お前が散々腹切れってゆーから切ってやったよ」みたいにしか見えないです。
完全にトラウマです。
というかそもそも、冒頭で全然死なないから切腹したところで死ぬとは思えないんですけど。
だから墓場で幽霊として登場しても、幽霊なのか実は生きてたのかどっちなのかもよくわからない。
ぼくは腹切ったら飲んでた金魚が出てくるとか、娘からもらった薬草で若君が助けるとかって展開を予想してたのですが・・・。
元野狐禅・竹原和生の娘への歌も唐突過ぎてまったく意味がわからない。
托鉢僧は登場してたといえば登場してましたけど、なんであいつに手紙預けて、あいつがわざわざ娘に読んであげるのか理由がわからないし、なんで川辺なのかもわからない。
でも、この歌のところで泣いてる人が何人かいてますます意味がわからなかった。

最後は野見のお墓が現代になっても残っていて、とうもろこしが未だにお供えされてるってのでおしまい。
これを最後にもってくるにはなにか意味があるのかなーと考えてみたら、芸人松本が死んでも残るものといえばやっぱりネタとか作品って事かなーと。
ってことは、この映画には娘へのメッセージ以外にやっぱり松本の主張がこめられていて、ネタみせとかでネタ披露して、仲間が増えてセットとかも大掛かりになってはじめは批判してた賞金稼ぎとかもファンになって、でも最後になにやっても笑いが取れるって状況になったらそんなとこでお笑いやるなら死んだほうがましってことで切腹したって風に考えられないこともないかなー。
でも、そうだとしてもこの映画がクソつまんないことにかわりはないですけど。


そんなこんなで13点ぐらい。
エンドロールの「うどん鼻すすり指導 ほっしゃん。」には笑った。


スポンサーサイト
フリーエリア
XBOX360実績
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
315位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
144位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
記事ランキング
フリーエリア
ブログパーツ
フリーエリア
フリーエリア
彼女と出会う方法
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。